頭皮とヘアケアで丈夫なツヤ髪に

皆さんは、毎日しっかりヘアケアを行っていますか?

特に「髪は女の命」と言われるほど女性にとって大切なものです。

いくつ歳を重ねてもツヤのある綺麗な髪を維持したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

美しく豊かな髪を育てるために大切なのは、土台となる頭皮です。

しかし、頭皮のトラブルでお悩みの方もいると思います。

こちらでは、頭皮のヘアケアについてご紹介します。

シャンプー前にはブラッシングを

シャンプー前のブラッシングは頭皮の血行をよくし、ホコリやフケが落ちるので洗浄効果がアップ。

髪のもつれをほどいて、洗髪時の抜け毛を防ぐ働きもあります。

ただし、間違ったブラシを使うと反対にダメージヘアになってしまうので、

素材が静電気を発生させない毛先の柔らかいものがベストです。

目の細かいブラシやロールブラシは不向きです。

フケの原因と対策とは

日本人の抱える地肌トラブルの中で、フケや痒みは最も大きな悩みのひとつです。

フケは体質によるもので対策が難しいと思われがちですが、フケが出ないようにするために

シャンプーで対策することも出来ます。

フケが出る原因に地肌の皮脂と常在菌と人によって違う肌質の3つのバランスが崩れると

肌の生まれ変わりのリズムが早まりフケが出やすくなるといわれています。

自宅でケアする場合、皮脂と肌質はなかなか変えれませんが常在菌の活動をコントロールする

ことは出来るので地肌ケア用のシャンプーを使うことが改善の近道です。

頭皮環境を整える

頭皮の改善は、頭皮環境を整えることで対処することが出来ます。

例えば、頭皮に触れるシャンプーはどんな物を使うかが重要です。

内容成分などもきちんと確かめ、安全で頭皮に負担のない物を使いましょう。

皮脂の分泌を正常な状態にするために朝シャンではなく、夜にシャンプーすることで

一日の汚れをしっかり落とし、しっかり水分補給しましょう。

まとめ

今から実践出来るものとしては、38度前後のぬるま湯でシャンプー前にしっかり予洗いし

ホコリや汚れを落とし、洗い流す時も同じ温度で洗うことで必要な皮脂を保つことができます。

すすぎは念入りに自分が思う以上にすることで、頭皮を理想的な状態に整えます。

そして、洗い上がりの頭皮はデリケートなので、半乾きの状態で放置したり

タオルでゴシゴシ拭いたりするとすぐに傷ついてします。

乾かす時は頭皮はこすらず、タオルで叩くように水分を拭き取った後、

ドライヤーで根元から乾かし、水分を残さないのが鉄則です。

 

shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です