美容師監修!美容知識講座vol.1「リンスとトリートメントの違い」

美容師監修の美容知識講座を始めます♪

ここでは今さら聞けない美容のアレコレや

皆んながうわさしてるアレってどういう意味?!など

気になるけど聞けない美容情報を美容のプロフェッショナル!

美容師監修のもと解説いたします♪

なんとなく使ってるけどリンスとトリートメントの違いって何!?

これは知ってるようで知らない方も多いのでは?

美容室でもお客様から度々質問を受けます。

もっと言えばコンディショナー・リンス・トリートメントの違い。

髪を修復するもしくわ髪を綺麗にするものと認識が多いこの3つ

その中で髪を修復するのはトリートメントだけ

髪の断面⇩

まずはキューティクルと呼ばれるのが髪の手触り等を司る場所です。

そして髪の毛の強度や根本的な潤いを司るのがコルテックスと言われる場所です。

髪を修復するにはこのキューティクルを超えた中に栄養成分を入れ込まなければダメージの軽減にはなりません。

トリートメントは髪の内部へ浸透しタンパク質を補い修復に導いてくれます。

なのでトリートメントの効果的な使い方はダメージ部に揉み込み5分〜10分時間を置き洗い流します。

コンディショナー・リンス

こちらは髪表面のキューティクルに一時的に吸着するもの。

一般的にはシリコンと呼ばれる擬似キューティクルを作る成分が主です。

それにより手触りは一時的につるっとし、あたかも髪が綺麗になったように思わせます。

効果としては手触りが良くなる、髪表面の油分を補い水分の蒸発を防ぐ等があります。

カラーやパーマをされてる方・コテやアイロンを普段使用する方は髪内部のタンパク質の流出が多くなっているのでトリートメントがオススメです!

トリートメント・リンス・コンディショナーのいずれも当てはまる注意事項は頭皮やダメージの少ない根元付近には付けない!ということです。

頭皮用トリートメントでない限り毛穴に詰まる恐れがありベタつき、かゆみの原因となるので注意しましょう。

まとめ

なんとなく使ってるけどあまり理解できていない美容のあれこれ。

理解して使用する事で効果を最大限にいかしていきましょう♪

 

shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です